スローオナニーのやり方とコツ!じんわり快感と最高の絶頂!

ちんコラム

スローオナニーのやり方とコツ!じんわり快感と最高の絶頂!

スローオナニーのやり方やコツを紹介します!

実際にスローオナニーをやってみた方の体験談やメリットについても詳しく解説します。

スローオナニーのやり方とコツ!~究極の絶頂はじわりじわり

スローオナニーのやり方とコツをまとめました!

スローオナニーのやり方とコツ!~究極の絶頂はじわりじわり

スローオナニーという名前だけを見て、ゆっくりやる一人エッチとイメージしている方もいるかもしれません。

しかし、スローオナニーは射精までの気持ちよさをコントロールしながら行うため、やり方を工夫する必要があります。

詳しいスローオナニーのやり方とコツを見ていきましょう。

まず、おすすめのスローオナニーは亀頭をオナニーするやり方です。

通常の一人エッチのように手を筒状にしてしごくのでは、すぐに射精したくなってしまいます。

射精しそうになった時、手の動きを止めるしか方法がありません。

亀頭をスローオナニーで刺激した場合は刺激は強く気持ちが良いけれど、なかなか射精にはいたらず長い時間スローオナニーを楽しめます。

早漏改善のためにスローオナニーをしたい方にも亀頭を刺激するやり方は向いています。

 

詳しい亀頭オナニーの方法やおすすめのグッズなどは下の記事にまとめています。

↓↓↓

亀頭オナニーのやり方とメリット!厳選おすすめグッズで異次元の快楽へ

この刺激に耐えられたら、女性とのセックスにも耐えられます。

 

他には少しスローオナニーに慣れてきたら、ピストン運動ではなく回転運動を取り入れるのもおすすめ。

ピストン運動とは違って回転運動は気持ちが良いけれど射精はしにくいのでスローオナニーに向いています。

しかし、回転運動はピストン運動と違って手で再現しにくいです。

腰を動かすにしても手を動かすにしても疲れてしまいます。

オナホを使っていても通常のオナホだと手で回転させなければならず、かなり面倒です。

ポイント
回転運動をスローオナニーで楽しみたい場合は、専用の電動で回転運動してくれるオナホを用意するのがおすすめです。

スローオナニーは時間をかけて行うので道具にもこだわってみましょう。

他にスローオナニーをやる時のコツは射精を完全に止めるのではなく、射精直前の気持ちよさを維持することを意識して行いましょう。

スローオナニーとは!?

スローオナニーとは何なのか紹介しています!

スローオナニーとは!?

スローオナニーという名前を聞いて、単にゆっくり行う一人エッチだと思っている方も多いのではないでしょうか。

スローオナニーとはただ単にゆっくり行う一人エッチではなく、リラックスした気持ちをもって射精の回数にこだわらず射精までの過程も楽しむ一人エッチです。

通常と違ってスローオナニーには多くのメリットがあります。

スローオナニーは1回の射精にこだわる分、射精した時の気持ちよさは他の一人エッチとはけた違いです。

何となく回数を重ねてしまう人や依存症になってしまっている方にもスローオナニーはぴったりです。

スローオナニーはただだらだらと一人エッチするのではなく、>射精直前の気持ちよさを持続しながら長時間行うことを目的としています。

なので、射精や気持ちよさのコントロールをしやすい状態を保つ必要があり、スローオナニーにはおすすめされているやり方やコツもあります。

ポイント
最初のうちは今までの一人エッチと違って時間もかかるし、つまらないと思ってしまうかもしれませんが、スローオナニーにはメリットも多く快感も大きいおすすめの一人エッチ方法といえるでしょう。

スローオナニーに時間はどのくらいかける!?

スローオナニーにかける時間はどれくらいなのか調べてみました。

スローオナニーに時間はどのくらいかける!?

スローオナニーというからには時間をかけてゆっくりと行いそうなイメージですが、具体的にはどれくらいスローオナニーに時間をかけたら良いのでしょうか。

スローオナニーには大体30分以上かけるのが良いとされています。

普段、平日は仕事で忙しいという方は週末などの休みの日にスローオナニーを楽しむのもいいですね。

30分以上なんて長すぎると思ってしまいがちですが、スローオナニーは1回の射精で十分気持ちよくなれるので満足度も時間に比例して高くなっています。

最低30分くらいかければ良いのであって、スローオナニーは上限時間はありません。

時間のゆるす限りまったりとスローオナニーを楽しむのもおすすめです。

普段は早く射精してしまう方やセックス中も早くイキそうになってしまう方などにもスローオナニーは向いています。

射精を我慢する方法もご紹介しておきますね。

↓↓↓

射精を我慢する方法とコツ!解放感がハンパなく女の子も大満足する秘訣を公開

ただ我慢するのではなく、気持ちよさを持続できるようなコツをつかんでスローオナニーのプロになってください。

スローオナニーのメリット

スローオナニーのメリットについて紹介します!

スローオナニーのメリット

スローオナニーにはメリットがたくさんあります。

まず、通常の一人エッチと違って射精時の気持ちよさがけた違いです。

複数回しないと満足できなかった方でも、スローオナニーを行えば1回で満足することができます。

また、スローオナニーは射精後の賢者タイムも短く、終わった時の満足度が高いのもメリットの一つです。

他には、スローオナニーには早漏改善のメリットもあります。

一人エッチやセックス時の早漏に悩んでいる方にもスローオナニーは向いています。

自分のコンプレックスを克服するためにスローオナニーをしてみましょう。

スローオナニーをすると性的な興奮が高まり精液も濃く多くなります。

自分の精液が薄かったり少なかったりするのではないかと悩んでいる方にもスローオナニーはおすすめです。

しかし、その一方でスローオナニーにはデメリットがあります。

 

注意点
射精直前で我慢するのではなく、射精した後出し切るのを単純に我慢すると精液や分泌液が逆流してしまい炎症を起こしてしまう可能性があります。

スローオナニーを行う時には射精した後、出すのを我慢するのではなく、あくまでも射精直前の状態を維持するようにしてみましょう。

スローオナニー体験談!

スローオナニーの体験談を紹介します!

スローオナニー体験談!

早漏がコンプレックスで、久しぶりに彼女ができたのをきっかけにスローオナニーに興味を持つようになりました。

一人エッチとセックスは別物であり、スローオナニーをしても早漏改善には役立たないかもと諦めていましたが、まずはスローオナニーをやってみました。

いつもは気持ちが良いとすぐにイってしまうのですが、スローオナニーをするようになってからは気持ちが良い状態が長く続くようになりました。

また、セックス中も彼女の様子を見たり、彼女との会話を楽しめるようになりセックスに余裕が持てるようになりました。

一人エッチの後の疲れた感じが嫌で、一人エッチに苦手意識を持っていました。

しかし、ネットでスローオナニーに関して読み、これなら自分にも向いているかもと思いました。

普段から早漏ではなく多分若干遅漏なのでスローオナニー自体は難しくなかったですが、じわじわと興奮を高めていき最後に射精するのは予想以上に気持ちが良かったです。

時間がかかるのでなかなか普段はできないのですが、予定のない休日などにやってみるといいと思います。

単純にゆっくりだらだらやるだけの一人エッチだと思ったら全然違っていました。

スローオナニーは全ての方におすすめしたい一人エッチです。

まず、とても気持ちが良いです。

初めて射精した時のような新鮮な気持ちを取り戻せますし、終わった後の満足感や気持ちよさはなかなか味わうことができません。

スローオナニーで早漏改善が可能?!

スローオナニーと早漏の関係性について解説します。

スローオナニーで早漏改善

実は、スローオナニーは早漏を改善するトレーニングになります。

理由は簡単で、ゆっくり時間をかけて行うスローオナニーは早漏の習慣・体質を改善しやすいからです。

気持ちいい体験をできるだけでなく、スローオナニーで早漏改善までできれば一石二鳥ですよね!

スローオナニーで早漏改善をするポイント
スローオナニーで早漏を治すなら、毎回できるだけ時間をかけてオナニーをするように心掛けて下さい。

とはいえ、元々が早漏の方はそもそもスローオナニーが難しいという方もいらっしゃいます。

最初は早漏改善のためだと割り切って、刺激をほんの少しにしてゆっくりとオナニーをしていきましょう。

スローオナニーに慣れてきたら徐々に刺激を上げていくと、早漏改善ができるようなスローオナニーに取り組むことができますよ。

正しいスローオナニーは早漏改善として効果は絶大です。

しかし、早漏改善されたタイミングでスローオナニーをやり過ぎないように注意しましょう!

勃起不全やイキにくい体になる可能性もあります。

AV男優として有名なしみけんさんも、「オナニーにおいて射精は我慢してはいけない」と発言しています。

 

ほどほどに取り組み、スローオナニーで早漏を改善していきましょう!

-ちんコラム

Copyright© かちこち , 2020 All Rights Reserved.