正常位での動き方やペニスの角度・腰の使い方完全マニュアル!

ちんコラム

正常位での動き方やペニスの角度・腰の使い方完全マニュアル!

正常位での動き方やペニスの角度・腰の使い方を紹介します!

最も知られている体位のひとつである正常位ですが、人によっては正常位が苦手で女性をイかせられないという人もいます。

どのようなコツがあるのかを知って、正常位の基本的な動きをマスターすることからはじめましょう。

正常位の動き方~王道の基本テクニック!

正常位の動き方を紹介します。

正常位の動き方~王道の基本テクニック!

基本的な王道テクニックは、正常位で挿入して激しく膣内を打ち付けるように腰を突きつけることでしょう。

ポルチオ攻めがしやすい方法で、多くの女性がこの正常位の動き方によって中イキしていました。

注意点

ただし、ただがむしゃらに腰を動かすだけだと、女性が膣内で痛みを感じてしまう可能性もあります。

場合によっては激しく動かすよりもゆっくりとスローペースで動かした方が有効かもしれないと覚えておいてください。

そのため、正常位の基本的な動き方は「相手に合わせて動く」のがもっともベターだと言われています。

相手が痛がっている・気持ちよくなさそうだった場合は、腰を突きつけるのをやめて、他の方法で正常位を楽しんでください。

他のおすすめの正常位の動き方は、「ちんこで膣内をかき混ぜるように腰を振ること」です。

これはポルチオ攻めよりもGスポットを攻める場合に活用される正常位の動き方で、膣内全体をかき混ぜてGスポットを見つけ、そこを刺激する形となります。

女性からしたら「突かれる」のではなく「擦られる」セックスとなるので、どちらかというとオナニーをしているような感覚を与えることができます。

正常位の動き方をマスターすれば、必ずといっていい程女性を気持ちよくさせることが可能となります。

ぜひ実践してみてください!

 

Gスポットの開発はなかなか場所が見つからなかったり、感度が鈍い場合があります。

まずは手マンで探し、それからペニスで開発するなど詳しくは下の記事を参考にしてみてください。

↓↓↓

ペニスでGスポット開発~位置・場所の探し方と攻め方!刺激しやすい角度や深さまとめ!

Gスポットが分かったら正常位でガンガン女の子を攻めてイかせましょう!

正常位の動き方はペニスの角度を調節しながら気持ちよいポイントを探す!

正常位の動き方とペニスの角度の関係について紹介します。

正常位の動き方はペニスの角度を調節しながら気持ちよいポイントを探す!

ペニスの角度を調節しながら女性が気持ちいいと思っている部分を攻めるのが、正しい正常位の動き方です。

ここでいう角度は「挿入する角度」ではなく「腰を動かす際の亀頭の角度」のことです。

女性には「Gスポット」「裏Gスポット」等の性感帯が膣内にありますが、ペニスをただ挿入するだけではこの性感帯は見つかりません。

大切なのは、女性が気持ちよさそうな反応をした時に性感帯を発見することです。

正常位の動き方をマスターしていたとしても、これらの性感帯を見つけることができなければ女性は満足しないと考えてください。

どのように見つけるかの鍵を握るのが、「ペニスの角度」です。

ポイント

腰を上下左右に動かしながら、膣内の様々なところを刺激してみましょう。

この場合は、突くよりもかき混ぜる正常位の動かし方の方が有効です。

Gスポットも裏Gスポットも、膣内の奥にあるわけではありません。

おおよそ、膣の中間くらいにあります。

中間部分に焦点を合わせて刺激するにはどの角度でペニスを動かすかを考えるのが、効率がいい正常位の動き方です!

また、自分自身がセックス中に余裕がないと、女性の反応を見ることはできません。

ある程度余裕を持ちながら、女性がより気持ちよさそうな反応をした瞬間どこを攻めていたかを考えるようにしましょう。

正常位の動き方は腰の使い方がもっとも大切!

正常位の動き方で一番大切なのは「腰の使い方」です。

正常位の動き方は腰の使い方がもっとも大切!

正常位の動き方と言うと、「ただガンガン突くだけでいい」と勘違いしている人が多いです。

確かにガンガン激しく突かれるのを好む女性も多いのですが、場合によっては女性が痛いと感じることは覚えておいた方が良いでしょう。

正常位の正しい動き方は、「腰でちんこを使って膣内をかき混ぜる動き」と「ガンガン突く」動きを混ぜることです。

女性によって膣内のより気持ちいい部分が違ってくるので、セックス中にこの女性はどこが気持ちいいのかを考えるのは大切です。

かき混ぜつつ激しく突くことができれば、「どこをかき混ぜれば・どこを突けば気持ちいいのか」を女性の反応から見分けることが可能となります!

ある程度の慣れは必要ですが、最も大切な腰の動かし方だと考えてください。

チェック

また、突くにしてもかき混ぜるにしても、腰を激しく動かすためには「スタミナ」も重要です。

長時間腰を振る必要があるので、下半身のトレーニングを行っておいた方が良いかもしれません。

正常位の動き方を支える大切な筋肉となってくれるはずです。

どうしてもセックス中に疲れてしまう場合は、自分でスタミナを調整しながら腰を動かすことをおすすめします。

例えば、「最初から激しく突くと疲れてしまうので、最初はゆっくり後から激しく」を心掛ける等、正常位の動き方に工夫を加えてください。

 

下半身を鍛えるなら、AV男優のしみけんさんも推奨するスクワットがおすすめです!

↓↓↓

スクワットでペニスの勃起力をつける!しみけん推奨の方法!

勃起力も鍛えられ、持続力もアップすること間違いなしです。

正常位の動き方は女性も動いてもらうとさらに気持ちよさアップ!?

正常位の動き方と女性の腰の動きの関係性について紹介します。

正常位の動き方は女性も動いてもらうとさらに気持ちよさアップ!?

基本的な知識となりますが、正常位は「男性が上」の体位です。

女性は仰向けで下が床や敷き布団となっているので、腰を突く動きを取りにくいです。

逆に、男性は腰の部分がフリースペースとなっているので、どのような腰の動きを取ることも可能でしょう。

そのため、正常位の正しい動き方は「男性が主導権を握って腰を動かすこと」だと思っている人が多いです。

これは正しい知識ではありますが、プラスアルファで気持ちよくなるなら、女性も腰を動かすことが求められてきます!

男性が主導で腰を動かしている場合は、女性もそれに合わせて腰を動かすのが理想的です。

しかし、お互いの息が合わないとなかなか難しいので、多くの女性は「自分が気持ちいい部分を自分で探る」ような腰の動かし方をしています。

例えば、男性のペニスの動きに合わせて、自分のGスポットが亀頭の先端に当たるように正常位の動き方を実践しています。

人によって正常位の動き方は違うので、女性側もセックスの慣れが必要なテクニックだと考えてください。

また、男女ともに腰を動かすことによって刺激が万遍なく行き渡るようになります。

女性だけでなく男性も気持ちよくなれる可能性が高いのだと考えることができます。

女性もなるべくなら正常位の動き方をマスターしておいた方がいいでしょう。

正常位の動き方のコツ!

正常位の動き方のコツを紹介します。

正常位の動き方のコツ!

正常位の動き方のコツの全ては「腰の動き」にかかっています。

ペニスを動かそうとすると自然と腰も動いてしまうのですが、なかには「腰を動かすのが辛いからペニスだけで膣内をかき混ぜよう」と考えている男性がいます。

これは正しい正常位の動き方ではなく、動きに勢いがつかないせいで、女性への刺激が中途半端になってしまいます。

腰を使ってペニスを動かすのが正しい正常位の動き方だと考えてください。
注意点

セックス序盤は正常位で挿入した直後となりますが、この段階で激しく腰を動かすのは得策ではありません。

まだ女性の性的興奮がいっぱいいっぱいではなく、愛液が不足しているかもしれないからです。

愛液で濡らした方が膣とペニスの動きが滑らかになるので、可能な限り焦らすように腰を動かした方がいいでしょう。

最初はスローセックス気味にして、女性の気持ちいいポイントを抑えたら激しく腰を動かすのが、正常位の動き方のコツとなります。

また、女性の反応を見ながらセックスするのも大切です。

どこが気持ちいいのかを探る目的が一番大きいのですが、自分が動くことで女性を気持ちよくさせるという「幸福感」を感じることにあります。

お互いが面と向かってセックスできるのが正常位の一番のメリットなので、正常位の動き方をマスターするだけでなく、セックスそのものを楽しむことも心掛けてください。

 

愛が確認し合える「スローセックス」。

定番の正常位で挿入したら、しばらく○○です・・・。

↓↓↓

スローセックスのやり方やテクニック!本当の快楽を感じる!

気持ち良すぎてくせになりますし、マンネリ化したカップルには本当におすすめです。

正常位の動き方まとめ

正常位の動き方について紹介しました。

正常位の動き方まとめ

正常位の動き方はセックスにおいて基本中の基本で、これが上手くならないと他のセックスにも応用できません。

最初に誰もが通る道なので、早い段階で正常位の動き方をマスターしておくことをおすすめします。

正常位が一番好きだという女性も多いので、マスターできればその時点で多くの女性から求められるようなセックステクニックがある男と見られるはずです!

-ちんコラム

Copyright© かちこち , 2020 All Rights Reserved.