寝バックで女性を中イキさせる!ちんこの角度や深さなどやり方を解説!

ちんコラム

寝バックで女性を中イキさせる!ちんこの角度や深さなどやり方を解説!

寝バックで女性を中イキさせる方法を紹介します!

キーポイントとなるのは「ちんこの角度や深さ」、寝バックの体位についてよく知ることです。

女性を気持ちよくさせる可能性が高い体位として知られているので、ぜひマスターしておきたいです!

寝バックは女性が中イキしやすい!攻められ感がたまらない!

寝バックは女性が中イキしやすい体位と言われているのかを紹介します!

寝バックは女性が中イキしやすい!攻められ感がたまらない!

 

寝バックとは?

寝バックとはバックの派生で、女性が四つん這いではなくうつ伏せになってセックスする体位です。

中イキしやすい体位とも言われていますが、寝バックで女性を中イキさせるテクニック等も必要です。

誰でも簡単に実践可能というわけではありません。

寝バックの良いところは「女性が攻められている」と強く感じるところでしょう。

うつ伏せで寝ている女性は男性の顔を見ることができませんが、うつ伏せとなって屈服している体勢が興奮するという女性もいました。

男性は通常のバックと比べると腰使いに一工夫必要ですが、下方向(女性の膣はちんこの下側となります)に突きあげるのがメインとなるので、慣れればまだ実践可能です。

寝バックの活用法
奥まで滑り込ませることができるためポルチオ攻めにも適していますし、男性側が上になることでちんこを自在に動かすことができるので、Gスポットを攻めたい場合にも活用されます。
総合的に判断して、セックステクニックがある人が寝バックを実践すれば結構な確率で女性を中イキさせることが可能です!

セックスを上達させたい、女性を気持ちよくさせたいと考えている男性なら、ぜひマスターしておきたい体位のひとつです。

そして、実際に「寝バックが好き」と思っている女性も多いことから需要もあることがわかります。

寝バックのやり方とコツを徹底解説

寝バックのやり方とコツを紹介します。

寝バックのやり方とコツを徹底解説

実践したいのであれば、寝バックのやり方とコツは絶対に抑えておくべきです。

女性を満足させることができる可能性が各段にアップするからです!

寝バックのやり方とコツの大前提として、寝バックは「バック」と同じように腰を動かすことはできないと考えてください。

バックの場合は上体を起こした状態で腰を動かすのに対し、寝バックは女性が寝そべって男性がそれに合わせるように腰を動かすからです。

寝バックのやり方とコツは基本的に寝ている女性の膣内に挿入しようと思ったら、自分も寝そべるか覆いかぶさるしかありません。

上から自由に腰を動かすことは可能です!

寝バックのやり方とコツですが、まずは「女性に覆いかぶさる際の挿入角度や深さ」を確かめることからはじめてください。

うつ伏せ体勢での挿入は意外と難しいので、スムーズに挿入できる角度を覚えておくのが、正しい寝バックのやり方とコツです。

上手く挿入できたら、自分が主導となって腰を動かしてください。

うつ伏せ状態では女性主導で腰を動かすのは少しだけ難しいからです。

寝バックのメリット
腰を動かせる分女性の気持ちいいポイントを見つけるのはそこまで難しくないのが寝バックのおすすめポイントです。

寝バックのやり方とコツを抑えて、彼女・セフレと気持ちいいセックスを行ってください!

寝バックは角度と深さの調節で奥までグッサリ!

寝バックは角度と深さの調整が特に大切です!

寝バックは角度と深さの調節で奥までグッサリ!

女性が寝そべっている体勢なので、男性からはそもそも挿入口が見えにくいです。

そのため、適切な寝バックの角度と深さを一発で見抜くのは難しいと考えてください。

何度も寝バックをしてスムーズに挿入する練習をしましょう。

もちろん、女性によっては適切な寝バックの角度や深さは違ってくるので、そこだけは注意しましょう。

おすすめの寝バックの角度は、「覆いかぶさる」より「少しだけ上体を起こした状態」で挿入することです。

覆いかぶさった場合は女性の膣を上からしか挿入できませんが、少しだけ上体を起こせば斜めから挿入しやすいからです。

きちんと挿入できたタイミングで女性に覆いかぶさりましょう。

女性がポルチオが好きなのかGスポットが好きなのかで、寝バックの適切な深さも変わってきます。

チェック

深くにあるポルチオが好きなら、その分女性に覆いかぶされるように寝バックの角度を調整しながら腰を動かしてください。

Gスポットが好きな場合、そこを攻めるに当たって覆いかぶさりながら上体をやや起こす必要があります。

寝バックは比較的奥まで挿入しやすい体位なので、まずはよりスムーズに寝バックで角度を調節して深く挿入することを目標にしてみてください。

 

寝バックの前に、そもそも基本的なバックでの挿入ちゃんと分かってた方が良いですよ。

↓↓↓

バックから挿入する時のちんこの角度や腰の振り方!女性をイかせる最高の体位!

まずは基本をマスターして寝バックにトライしましょう!

寝バックでポルチオを開発しよう!

寝バックでポルチオを開発する方法を紹介します!

寝バックでポルチオを開発しよう!

寝バックはポルチオを開発しやすい体位としても知られています。

ちゃんとした角度で挿入すれば、すんなりと奥までちんこが入ってくれるからです。

寝バックでポルチオを適切に攻めることができれば、その分女性に気持ちよさ・快感を与えることができます。

継続して行うことで、ポルチオを開発できるかもしれません!

寝バックでポルチオを開発する場合に特に大切なのが、どの体勢でも奥まで挿入できるようにすることです。
注意点
一番簡単なのは上体を起こしてその後に寝そべる挿入方法ですが、膣やちんこの形状によっては、寝そべっては逆にどちらかが痛い思いをしてしまうかもしれません。

痛みがあった場合は寝バックでポルチオ開発ができなくなるので、せめて女性に痛みなんて感じさせない体勢をあらかじめ考えておく必要があります。

これは女性によって違うので、今目の前にいる女性はどの体勢・体位がいいのかを考えながら寝バックでポルチオを開発してください。

一度深くまで挿入できたら、後はその部分を攻めるだけです。

自分が上になっている関係上、この部分は特に難しくはありません。

ただし、「突く」よりも「滑り込ませる」動きが必要となり、若干の工夫は必要です。

寝バックは膣が上付きだとやりずらい!そんな時はどうする!?

寝バックは膣が上付きだとやりづらいです!

寝バックは膣が上付きだとやりずらい!そんな時はどうする!?

寝バックに限らず、バック関連の体位は膣が上付きだと少々やりづらい体位です。

上付き(下腹部側)に続いているせいで、男性がペニスを下反りの状態で挿入しないとスムーズに挿入しないからです。

寝バックも膣が上付きだとやりづらいのですが、女性側が体勢を工夫することである程度は問題を解決できると考えてください。

例えば、正常位とまではいかないものの腰を浮かせることによって、男性は正常位と同じ要領で挿入することができます。

その後に女性の背中に抱き着く・覆いかぶさるのが難しくなりますが、慣れないなら覆いかぶさる寝バックは諦めて、女性に腰を浮かして自分もできるだけ密着する寝バックを選択してください。

逆に、寝バックは膣が下付きだとやりやすいです。

お尻側に膣が続いているので、上付きよりは元のペニスの反り状態で挿入しやすいからです。

まずは、寝バックの前に彼女の膣が上付きなのか下付きなのかを確認しておいた方がいいでしょう。

ポイント
「彼女が上付きだけど正常位より寝バックの方がいい!」等の場合は、とりあえず自分流で挿入してみて、彼女が痛がる・自分が痛い場合はやめておいた方が得策でしょう。

気持ちいいし中イキしやすい体位とはいえ、相性が悪い場合はその効果も激減してしまいます。

寝バックはちんこの長さも重要!?

寝バックはちんこの長さも重要なのかを紹介します!

寝バックはちんこの長さも重要!?

寝バックで相手を気持ちよくさせるなら、ちんこの長さもあった方がいいです。

元々寝バックは長さは必要ないとも言われていますが、あまりにも短い場合・短小な場合は別です。

奥を攻めるにはそれなりの工夫が必要となってしまい、セックステクニックがない人だと女性をイかせることが難しくなるでしょう。

寝バックには長さが足りないという人は、まずは「ポルチオを攻めること」を一旦諦めてみてください。

Gスポット攻めに切り替えて、自分の長さでなんとかGスポットを刺激しましょう。

ポイント

「奥まで届きそうだな」と思うなら、寝バックで長さが足りなくてもポルチオを攻めることをおすすめします。

今の体勢が自分や相手と相性がいい体勢や角度である可能性が高いので、寝バックで長さが足りていないとしても充分気持ちよくさせることができます。

総合的に判断すると寝バックも長さは重要ではありますが、なかったとしてもまだ他の体位よりは相手を感じさせることが可能です。

その分腰の動かし方、ちんこの滑り込ませ方等に工夫がいるので「初心者向け」とまでは言いませんが、慣れてきたら試していましょう。

 

テクニックで補える所があるとしても・・・「あ~!あとちょっとなのに!」なんて男として情けない気持ちになるよりは、

ちんこを少しでも長くしてみてはどうでしょう?

↓↓↓

ちんこを長くする方法!おすすめサプリで簡単ロング!実体験を暴露

余裕の長さで寝バックでポルチオを攻められたら女性は喜ぶでしょうね。

寝バックが難しいと感じるワケや対処できる事

寝バックが難しいと感じるワケと対処法を紹介します。

寝バックが難しいと感じるワケや対処できる事

寝バックが難しいとされるのは、突くセックスがややしにくいからです。

男性の方が上の体位とはいえ、膣の入口は地面(布団)から横向きになっていることが多いです。

そのため、ちんこを上から挿入しにくいです。

上からズンズン突くことができればどの性感帯も攻めることが可能ですが、横・斜めからだと少し難しくなると考えてください。

基本的には、斜めからちんこを膣内に滑り込ませて挿入することになるのも、寝バックが難しいと感じる理由です。

バックや騎乗位ではまず実践することが不可能な挿入方法だからです(正常位は体位によっては滑り込ませ挿入が有効な体位もあります)。

そのため、正しい寝バックが難しい時の対処法としては、滑り込ませ挿入をマスターすることです!

ポイント

挿入する角度が特に重要で、ちんこの挿入を目で確認しづらいこともあって、慣れていないとスムーズな挿入は寝バックでは難しいでしょう。

女性の膣の形状をあらかじめ把握しておいて、出来る限りつっかからずに挿入できるようにしたいです。

確かに寝バックは難しいと言われていますが、マスターすれば自分も相手も気持ちいい体位として知られています!

実際に試してみて経験しておくのも良いでしょう。

寝バックの気持ちいい体験談・感想!

寝バックの気持ちいい体験談を紹介します!

寝バックの気持ちいい体験談・感想!

寝バックの体験談を見て、実際に自分のやってみるかどうかを決めてみてください。

寝バックの体験談を見てみましたが、大抵の人が気持ちいいと言っていました。

彼女の膣の締まりも正常位だとよくないので、寝バック体験談を読んでデビューしてみることに…

最初の頃は自分も腰の使い方がわからないせいで彼女を退屈させてしまいましたが、今ではどちらもイくことができる相性ばっちりの体位として活躍しています!

(26歳・会社員男性)

 

寝バックの体験談を見て、彼氏にやってほしいと思うようになりました。

彼氏もまだやり方がわかっていないみたいでしたが、角度のコツを掴んだみたいで、今ではGスポットもポルチオも簡単に攻めてくれます!

屈服させられて犯されている雰囲気が好きなので、私の好きな体位のひとつになりました。

(23歳・フリーター女性)

 

寝バックの体験談を見ても気持ちよさはよくわかりませんでしたが、実際にやってみるといつもより気持ちいい!

まず、彼女が寝ることによって足とお尻を締めつけやす体勢となっていて、僕が実際に挿入したらいつもよりも締めつけがいいと感じました。

彼女の方もより膣内が締まっていることを感じているのか、「〇〇くん(僕の名前です)を気持ちよくさせることができて嬉しい」と言ってくれました。

腰の使い方は独特でやや難しいのですが、滑り込ませるようにすればある程度は簡単に挿入できます。

(29歳・会社員男性)

寝バックのまとめ

寝バックについて紹介しました。

寝バックのまとめ

寝バックの良いところは、ちょっと挿入方法を勉強することで女性を気持ちよくさせる可能性が高くなることでしょう。

男性にも人気のある体位で、お尻と足がきゅっと締まるおかげで、女性の膣内がさらに気持ちよく感じます。

気持ちいいセックスを追い求めるのであれば必ずできるようになっておきたい体位です。

また、女性を後ろから抱きしめたい場合や密着したセックスがしたい場合もおすすめです。

ぜひチャレンジしてみてください。

-ちんコラム

Copyright© かちこち , 2020 All Rights Reserved.