ジェルキングのやり方や効果、ミルキングとの違いなどまとめ

ちんこのサイズ

ジェルキングのやり方や効果、ミルキングとの違いなどまとめ

ジェルキングのやり方や効果、ミルキングの違いについて紹介します!

ジェルキングのやり方を覚えておけば、効率良くチントレを行えます!

どのようにちんこを大きくすればいいかを迷っている人はチェック必見の情報です。

ジェルキングのやり方を徹底解説!

ジェルキングのやり方を徹底解説していきます!

ジェルキングのやり方

ジェルキングの正しいやり方では「ジェル」もしくは「ローション」を使用します。

ミルキングとの大きな違いの部分ですが、このくらいしか変わりはありません!

まずは、自分のペニスにジェルかローションを塗ります。

その際はペニスが半勃起以上になるようにしてください。

半勃起になったらいよいよジェルキング開始で、やり方さえ間違えなければ確かな効果があります。

まずは、指で「OK」のサインを作りましょう。

空いているわっか(親指と人差し指のわっかです)をペニスの根元に挿入し、根元からカリ首下までをスライドしていきます。

これを「1回」としてカウントするのが、正しいジェルキングのやり方です。

仮に1回目を右手で行ったのなら、次は反対の左手でジェルキングを行ってください。

右手→左手→右手→左手と繰り返していき、おおよそ60回行えばその日のジェルキングは完了です。

ポイント

ゆっくり行うのが正しいジェルキングのやり方で、仮に3分ジェルキングをしても効果は出る可能性が高いです。

ただし、どのチントレにも言えますが「毎日継続して行う」が最も大切です。

ちょっとの間ジェルキングを行ったとしてもペニスが大きくなる可能性は低く、正しいジェルキングのやり方とは言えません。

オナニーの前でもいいので、出来る限り毎日行うようにしてください。

ミルキングと違ってジェル・ローションを使っているので、その後オナニーをするのもいいですし、全てが終われば綺麗にペニスを洗い流すようにしましょう。

ジェルキングの効果はいかに!?

ジェルキングの効果について紹介します!

ジェルキングの効果

ジェルキングの効果は「ペニスの血行促進」により勃起力を高めるものがメインです。

どのチントレもペニスの血行を良くする効果はありますが、ジェルキングはジェルを使っているのもあって、マッサージ効果も期待できると考えてください。

ジェルキングの効果を実感するには、おおよそ3カ月程度は継続してジェルキングを行う必要があります。

3カ月ジェルキングを行った効果は、おおよそ2から3cmのサイズアップです!

人によってはさらに大きくなるかもしれません。

また、ジェルキングには「亀頭増大」の効果もあります。

ジェルキングでは亀頭マッサージは行いませんが、亀頭まで血が行き届くために陰茎は入念にマッサージされます。

陰茎の血流が良くなり亀頭にまで行き届くイメージで構いません。

ジェルキングのついでに亀頭マッサージを行えば、さらなる亀頭増大効果を発揮してくれます!

ジェルキングに使ったジェルもペニスに馴染んでいないのであれば、それも同時に活用可能です。

ポイント

他のチントレと比較すると、ジェルやローションを毎日使わなければいけないので費用はある程度は覚悟する必要があります。

その分ジェルキングの効果は絶大なもので、ヌルヌルになったペニスが根元からカリ首までのスライドを滑らかなものにしてくれます。

ジェルキングは効果云々を抜きに、「アダルトグッズを使ったチントレ」です。

多少間違った方法をしてもアダルトグッズ(ローション・ジェル)の効果で結果的にペニスが大きくなる可能性もあります。

総じて「初心者向けのチントレ」だと考えて構いません。

ジェルキングとミルキングの違いは!?

ジェルキングとミルキングの違いについて紹介します!

ジェルキングとミルキングの違いは!?

ジェルキングとミルキングの大きな違いは「トレーニング時にローション(ジェル)を使うかどうか」でしょう。

ローションを使うのがジェルキングで、ミルキングはローションを使いません。

ローションを使った後の動作は同じで、どちらもわっかを作ってスライドするのを何セットか行います。

お手軽に実践できるチントレという部分は、ジェルキングもミルキングも変わりません!

ポイント1
どちらも初心者向けのチントレとして知られていますが、ローションを使う分ジェルキングの方がミルキングよりも効果が高いです。

ローションのヌルヌルでマッサージ効果がさらに高くなるのが理由ですが、ミルキング(ローション無し)でもある程度は効果を発揮してくれます。

ポイント2
ジェルキングとミルキングの違いから見てみると、ジェルキングはローションを使うのでその分お金がかかってしまうのもわかります。

これはミルキングにはない明確なデメリットで、ジェルキングを実践すると決めた場合は、ローション代金を覚悟する必要はあります。

ジェルキングもミルキングも3カ月は試す必要があるので、3カ月分ローションを購入する結果になります。

「確かな効果を実感したいならジェルキング、費用を安く抑えたいならミルキング」と、ジェルキングとミルキングを使い分けるのを強くおすすめします。

また、ローションを買い忘れた等の理由で、「いつもはジェルキングだけどその日だけミルキング」と、切り替えて実践しても構いません。

ジェルキングにおすすめの器具!

ジェルキングにおすすめの器具について紹介します。

ジェルキングにおすすめの器具!

ジェルキングに特別な器具は必要なく、必要なのは「ローション」ひとつになります。

他のペニス牽引器具等と同時併用も可能ですが、本来のジェルキングとは異なったチントレになります。

ジェルキングにおすすめの器具(ローション・ジェル)は「色がついていなくてできるかぎりナチュラルなもの」です。

着色料があると肌荒れ等の原因になってしまうので、毎日行うジェルキングの器具としては不向きです。

ここぞというセックスで使うようにしてください。

ジェルキングに使うなら「オーガニック製品」「天然成分が使われている製品」が特におすすめです!

肌荒れの心配がないのが一番の理由です。

他にも、肌にいい成分が使われているコラーゲンが含まれているジェルもいいでしょう。

数あるローション・ジェルの中でジェルキングにおすすめの器具は「ジェリーローション」と呼ばれる製品です!

このローションは粘度が高いのに水に流しやすいのがウリで、使われている成分も天然成分多めです。

価格は2,500円程度ですが、一度に全て使い切るわけではないのである程度は節約できると考えてください。

他にも「ペペローション」「99%水の水潤滑ゼリー」等もジェルキングのおすすめの器具(ローション・ジェル)です!

ジェルキングにボディソープはあり!?

ジェルキングにボディソープを活用するのはありなのかを紹介します。

ジェルキングにボディソープはあり!?

ジェルキングにボディーソープを使うのは「ナシ」です!

ボディーソープは身体を洗うために使われるので、チントレとも相性がいいと思われがちではあります。

しかし、ローションとボディソープは成分が全然違い、特に「皮膚を溶かす成分の有無」が顕著に出ています。

ジェルキングにボディソープを使った場合、毎日ペニスにボディソープをつけるので、皮膚が少しづつ溶けてしまい、摩擦によって血が出たり炎症を起こす可能性が高くなってしまいます。

チントレで使うにはリスクがあると考えて問題はないでしょう。

ジェルキングをする場合、ボディソープを活用するのではなく、正規品のローションやジェルを活用してください。

これらの製品を持っていない場合でもボディソープを使うのではなく、最低でも「余計な成分が入っていない水等」で代用するようにしましょう。

また、ジェルキングにボディソープを使う場合と同様に「石鹸」もNGです!

石鹸もボディソープと似た働きを持っている成分が含まれているのが理由です。

ボディソープも石鹸も、あくまで「身体を洗うための道具」だと割り切って、本来通りの使い方を心掛けてください。

ジェルキングをする頻度はどのくらい?

ジェルキングをする頻度を紹介します。

ジェルキングをする頻度はどのくらい?

ジェルキングの頻度は「基本的には毎日、ただし1週間に何日かは休みを入れる」のが基本です。

チントレを継続して行うのは非常に大切で、ジェルキングの場合も頻度が少なくなるようでは効果は出ません。

ちんこの血流をよくするために、継続して実践してください。

なぜ1週間のうち何日かは休みを入れるのかというと、単純に「ちんこを休ませるため」です。

休ませている間はチントレを行えませんが、ちんこに刺激を与えなくていい期間となるので、過剰な酷使を防げるでしょう。

トレーニングも同様で、筋肉を休ませてあげるので後日の筋トレの効果がさらに出るようになります。

チェック

ジェルキングの頻度が多め(毎日)だと、どこかのタイミングで肌荒れしたりちんこや手が炎症してしまいます。

一定期間休みを取るとチントレ中の小さな事故も未然に防げるかもしれません!

例えば、「3日やったら次の日は休み」といったように、ジェルキングの頻度を自分で調整するのも大切です。

ミルキングと違ってローション・ジェルの代金がそのまま費用となるので、お財布を考えてもこの休息日は意味のあるものとなります。

ジェルキングのメリット・デメリット

ジェルキングのメリットとデメリットを紹介していきます!

ジェルキングのメリット・デメリット

ジェルキングの一番のメリットは「チントレとしての効果が非常に高い」でしょう。

ミルキングと比べると、手順は全く同じではありますが、「ジェル」の力がジェルキングにはあります。

摩擦をさらに滑らかにしてくれるので、よりマッサージ効果が高くなります。

実際、他のチントレを3カ月試した人とジェルキングを3カ月試した人の口コミを見てみると、「効果が出た」等の割合が高いのはジェルキングの方です。

チントレとして効果が出る事こそがジェルキングのメリットであり、チントレとして一番の効率の良さを表しています。

また、亀頭が大きくなりやすいのもジェルキングのメリットのひとつです。

亀頭オナニーと同時に行えれば、さらなる効果を発揮してくれるかもしれません。

ジェルキングのデメリットは「継続して行う必要がある」と「それに伴う費用」です。

ジェルキングではジェルやローションを使う関係上、どうしてもジェルやローションを買うお金がかかってしまいます。

この部分はミルキングよりも劣ってしまう部分です。

さらに、おおよそ3カ月は継続して行った方がいい事を考えると、割と大きなお金が一度に飛んでしまいます。

もちろんペニス増大サプリよりは安い上、ローションを節約しながら使うのも可能なので、劇的に大きな出費にはなりません。

しかし、少しの出費も抑えたいと考えているのであれば、ジェルキングよりもミルキングでちんこを大きくする努力をした方がいいでしょう。

ジェルキングまとめ

ジェルキングについて紹介しました。

ジェルキングまとめ

ジェルキングは実際に行っている人が多いチントレでもあり、最もポピュラーでやり方も簡単!

ペニスを大きくしたい人の希望になってくれることは間違いありません!

ローションやジェルの代金がかかってしまうのがジェルキングの痛いところではありますが、効果はどのチントレよりも高く、平均サイズから巨根になるのも夢ではないでしょう。

どのチントレを行うか迷っている人は、ジェルキングをチェックしてみてください。

-ちんこのサイズ

Copyright© かちこち , 2020 All Rights Reserved.